太陽光発電導入ナビ

太陽光発電の導入方法をお伝えします

太陽光発電のメリットとデメリット

« Posted by admin »

太陽光発電のメリットは、まず、電気代を安くできるということがあります。
発電している分は確実に安くなります。
発電量が使用料より上回れば売電ができ、黒字化も可能です。
初期費用は高額ですが、数年前に比べて安くなり、国や地方自治体の補助金も合わせると、10年から15年で初期費用は回収できるようになってきました。
メンテナンスもほとんどかからない装置で、太陽パネルの寿命も20年と言われています。
したがって、初期費用が回収できれば、その後は無尽蔵の太陽光エネルギーを無料で利用でき、売電した分は収入として入ってくることになります。
次に、節電意識が高まるということがあります。
モニターを通して電力状況が見えるようになるため、自然に節電を意識するようになります。
売電がどれだけできたかというのもその場で分かりますから、節電も売電も楽しみになります。
さらに、災害や停電時の備えとなるということがあります。
災害や停電時には太陽光発電システムの自立運転モードに切り替えることで発電した電力を使用することができます。
家庭内のすべての電気をまかなうことができなくても、緊急必要な冷蔵庫や最小限の灯り、ポット、携帯電話の充電、ラジオやテレビの電源確保などが可能です。
この安心感は数字では表すことができません。
数字では表すことができないメリットの一つとして、地球温暖化に貢献しているという満足感があります。
二酸化炭素や窒素化合物など大気汚染につながるものを一切排出せず、クリーンなエネルギーを使っているという意識は何にも変えがたいものです。
デメリットとしては、発電効率のことがあります。
太陽光発電は他の発電システムに比べて太陽光エネルギーを電力に変換する効率が低いということがあります。
しかし、家庭に必要な電力程度であれば十分にまかなえるだけの発電をすることはできます。
したがって、家庭用に適した発電システムだと言えます。
また、日射がある昼間しか発電できず、発電量が天候に左右されるということがあります。
今後は、充電システムが進歩することで、安定した電力の供給が可能になるでしょう。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>