太陽光発電導入ナビ

太陽光発電の導入方法をお伝えします

太陽光発電の助成制度は

« Posted by admin »

太陽光発電はクリーンなエネルギーを推進していこうという国の施策があるため、国による補助金制度が設けられています。
また、地方自治体によっては独自に補助金制度を設けているところもあります。
さらに、買取制度によって余剰の電気は電力会社が買い取ってくれる仕組みもあります。
このように初期費用はかなりかかるものの、補助金制度を利用し、買取制度を活用することで、初期費用やその後のメンテナンス費用も回収できる可能性もあるのが太陽光発電のメリットです。
さて、国による補助金制度ですが、これには申請期間があり、受付開始と締め切りが決まっています。
現在は、平成25年3月29日(金)まで受付期間中となっています。
補助金には予算があるので、予算がなくなり次第、受付は締め切られてしまうので注意しましょう。
補助金の額は、1kW当たりのシステム価格が55万円以下の場合で3.0万円、47.5万円以下の場合で3.5万円となっています。
これは現在受付けられている額で、毎年変更される可能性があります。
また、地方公共団体で独自に補助金制度を設けているところがあり、例えば、東京都の場合には、1kWあたり10万円、上限額は100万円となっています。
申請は難しいという人もありますが、設置業者によっては申請をアドバイスしてくれたり、代行してくれるところもあるので、業者に相談するのもいいでしょう。
余剰電気の買取制度は、「再生エネルギーの固定価格買取制度」と言い、設置初年度の買い取り価格で10年間買取価格を保証するという制度です。
現在は、1kWh当たり42円となっています。
この買取制度によって初期費用の回収が安定し、10年~15年で回収できるようになったと言われています。
税制上では、補助金の交付を受けても消費税は課税されません。
また、所得税は確定申告することにより総収入額に算入されなくなります。
さらに、リフォームによる優遇措置があり、「省エネリフォーム」の一定要件を満たしていれば、「所得税の控除」や「固定資産税の減額」を受けることができます。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>