太陽光発電導入ナビ

太陽光発電の導入方法をお伝えします

最新の太陽電池パネルで、太陽光発電を効率よく

« Posted by admin »

太陽光発電を行う際に、もっとも気になるのは太陽電池パネルの変換効率でしょう。
変換効率が高ければ高いほど、多くの発電量を確保でき、
その分の光熱費が浮くのですから当然です。
では、どういった太陽電池パネルがよいのでしょうか?
現状の主流は、シリコン結晶系の電池パネルです。
高品質なうえ、大量生産できることから、もっとも発電量と価格のバランスがいいと認識されています。
ところが今、こうした業界の常識を覆すような、新たな太陽電池パネルの存在が注目を集めています。
それが、主成分に銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を使った
CIS太陽電池と呼ばれるもの。
この電池の素材は、シリコンに比べ、
遥かにコストを抑えられるのが魅力です。
そして、ただ安いだけじゃないのが、この太陽電池のすごいところ。
シリコンの太陽電池の1/100の薄さでも、
それ以上か、もしくは同等の光を吸収できるという優れた特徴を持っているのです。
さらに、素材が薄くて済むことから、電子の移動する距離も短くなり、
結果的に発電効率も高くなるわけです。
影によって急激に出力が低下するシリコン系の太陽電池パネルに対して、
安定的に発電できるのも、この電池パネルの特徴の一つ。
すでにシリコン系と同等の性能を発揮することが認められていますが、
その可能性を最大に引き出せば、数パーセント以上の発電力を発揮するといわれています。
間違いなく、次の時代の主役になりそうな存在。
これからご検討される方には、ぜひ、お薦めです。
ただし購入される際は、じっくりと検討してください。
最先端だからといって、ただ高額なものを売りつけられてしまっては後々損をします。
取り付ける機器はもちろん、その仕様や、工事まで、ご自宅の屋根の形状や角度などにより
大きく変わってくるからです。
飛び込み営業の売り文句に乗せられず、
一緒になって相談に乗ってくれるような親身な業者に頼んだ方がよいでしょう。
今後、数十年の光の効率が掛かっています。
最新で、最適な、太陽光発電を始めましょう。

« Filed under 自然エネルギーの魅力 »