太陽光発電導入ナビ

太陽光発電の導入方法をお伝えします

太陽光発電の電池の種類

« Posted by admin »

太陽光発電システムとは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する太陽電池と得られた電気エネルギーを家庭で使えるように交流電気に変換するパワーコンディショナーとを接続したものが主要な装置です。
また、電力会社の配電線とつながっているので、発電電力が消費電力を上回った場合には、電力会社に送電して買い取ってもらうことができるようになっています。
この太陽光発電システムのは核はもちろん太陽電池です。
種類は、代表的なものが「単結晶シリコン太陽電池」と「多結晶シリコン太陽電池」です。
最近になって「薄膜シリコン太陽電池」「CIS系薄膜太陽電池」なども注目されてきました。
「単結晶シリコン太陽電池」は最も古くからあり、現在使われている太陽電池の中ではもっとも性能がよいと言われています。
しかし、純度の高いシリコンを多く用いるため製造コストが高くなります。
そのため、現在では、「多結晶シリコン太陽電池」など、他の太陽電池が開発されています。
「多結晶シリコン太陽電池」は、単結晶シリコンの低コスト化、量産化を狙って開発されたものです。
「単結晶」ほどシリコン原子が規則正しく並んでいないので発電効率は低いです。
しかし、コストとのバランスが一番良いので最も生産されています。
「薄膜シリコン太陽電池」は、シリコンとシランガスなどを反応させて薄い膜状にしたものをパネルとして使っています。
多結晶シリコンよりもさらに性能は落ちますが、コストはさらに低くなるので、最近では多く使われています。
「CIS系薄膜太陽電池」は、最近実用化が始まったばかりで、シリコンを使わず、カルコパイライト(黄銅鉱)系(銅、インジウム、ガリウム、セレンの化合物が代表的)を素材として使っています。
他の電池に比べて薄く、軽いのが特長で、今後に期待されています。
太陽電池の発電の仕組みは、基本的にはどの場合も同じで、電気的に種類の異なる半導体を2枚組み合わせ、そこに光エネルギーが当たると電子(-)と正孔(+)が発生し、それぞれが異なる半導体へと引き寄せられることで電流が発生します。
ここで使われている半導体の素材が、先ほどの太陽電池の種類になっています。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>