太陽光発電導入ナビ

太陽光発電の導入方法をお伝えします

太陽光発電東京都の場合は

« Posted by admin »

先にも書いたように東京都の場合には、太陽光発電設置の際の独自の補助金制度を設けていて、1kWあたり10万円、上限額は100万円となっています。
東京都の補助を受けるためには、補助交付の条件として10年分の「環境価値」を東京都環境整備公社に譲渡することとなっています。
この「環境価値を譲渡する」というのが分かりにくいので解説します。
「環境価値」とは、太陽光や風力などの自然エネルギーによる発電には、二酸化炭素を削減することができるという価値があるとされ、この価値のことを「環境価値」と言います。
太陽光発電を設置する家庭では、太陽光発電によって、その発電量に見合うだけの「環境価値」を生み出したということになり、この生み出した「環境価値」を東京都に譲渡することが補助を受けるための条件になっているということです。
しかし、実際には何を譲渡するのでしょうか。
それは、第三者機関が「環境価値」を認証することで「環境価値」を売買することができるようにしています。
具体的には、認証している第三者機関というのは財団法人日本エネルギー経済研究所グリーンエネルギー認証センターのことです。
そして、「環境価値」を売買できるようにしたものが「グリーン電力証書」と呼ばれるものです。
そのため東京都で補助を受けるために、太陽光発電システム設備を完了し、運転を始めた家庭では、「環境価値」を数値化するために総発電電力量計を設置する必要があります。
太陽光発電を促進する事業として、建物の所有者と発電事業者とをマッチングさせるプロジェクトが始まり、東京都もこれに参画しています。
これは土地の狭い都道府県などで太陽光発電の用地を建物の屋根に確保しようというもので、建物の所有者は発電事業者に屋根を貸す、発電事業者は借りた屋根に太陽光発電システムを設置するということになります。
すでに、東京都には35社が登録を済ませ、屋根貸し希望者へのセミナーや相談会も始まります。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>